琵琶
まず初めに 琵琶って? 琵琶の種類 よくある質問 聴いてみたい 弾いてみたい もっと知りたい 自己紹介 ブログ
琵琶を弾きたくなったら・・・。
◆琵琶奏者を見つけて弟子入りする
近くに琵琶を教えている先生がいれば、ラッキー!とばかりに門を叩くのが手っ取り早いです。
が、琵琶・・・と言うより邦楽器・・・と言うより「和の稽古事の世界」は、一度弟子入りしてしまうと、
「この先生とは合わないから他の先生のところに行こう」とか、「他の種類の琵琶に転向しよう」なんてことは
あまり気軽にできません。琵琶だったら何でもいい!と焦らずに、その先生や他の演奏者の演奏を聴き、
ぜひこの先生に習いたい!という熱い思いでスタートした方が後悔しないと思います。

◆カルチャースクールに行ってみる
琵琶がどんな楽器なのかちょっと興味がある、しかも近隣のカルチャースクールに琵琶の講座が
あるならばお勧めです。とりあえず弾いてみて、「こりゃ自分には全然合わないや〜」と思えばやめられますし、
気に入ったらそのまま習い続けるなり、その先生に弟子入りするなり、他の琵琶に興味があればそちらの講座も
受けてみたりすれば良いのです。

◆習ってみたいけど琵琶を持っていない・・・
「楽器を習う時には、必ずその楽器を先に買う必要がある」と思っている方が結構いらっしゃるようなのですが、
少なくとも琵琶に関してはそんなことありません。そもそも琵琶がどこで買えるのか、相場は幾らなのか、
普通は分からないことだらけだと思います。最初は先生の楽器をお借りして稽古を始め、しかる後に、楽器を
斡旋して頂いたり、どこかで売りに出されている楽器の情報を頂いたりして、「マイ琵琶」をゲットする・・・
という感じになるかと思います。
たまにネットオークションに出品もされますが、ある程度楽器の知識が無いと、買うのは危険かもしれません。